シロアリの種類を知っておこう~シロアリ対策をする前に情報収集~

工夫してシロアリ退治を行なおう 工夫してシロアリ退治を行なおう

玄関の外灯にいる奴ら~学んでおきたい知識~

自宅の玄関や外灯の周りにシロアリが寄ってくるのであれば、まずどのようなシロアリか調べて見ましょう。シロアリは種類によって習性が異なり、それによって対策方法も変わってきます。そのため、種類を知ることはとても重要です。

シロアリは3種類いる

ヤマトシロアリ
このヤマトシロアリは、食害した部分を巣にするという生態を持っています。ですから特定の場所に巣を持つことがありません。常に餌場を求めて集団で移動するという特徴があります。湿った木材と湿った空間を好むので、自宅で湿った場所があれば気をつけましょう。
イエシロアリ
ヤマトシロアリと違いこのイエシロアリは、特定の場所に巨大な巣を作ります。巣を作る場所は大抵、餌場の下であることが多いです。驚くことに、このイエシロアリ個体数は、100万匹を超えるといわれています。
アメリカカンザイシロアリ
このシロアリは、元々日本には生息しておらず、アメリカからやって来た外来種です。アメリカカンザイシロアリは、名前の通り乾材を食べるシロアリといわれています。このシロアリは、乾材に含まれている僅かな水分さえ摂取できれば生きていくことができます。

新築の家も狙われやすい

シロアリが、玄関の外灯周りを飛んでいる場合は注意しましょう。もし新築だから大丈夫と考えているのであれば、その考えは危険だといえます。シロアリは木材があれば、その木材を食べようとして積極的に近寄ってきます。もし少しでも入れるような隙間があれば、シロアリは侵入してくることでしょう。このシロアリは体が非常に小さいです。ですから小さな隙間があれば、簡単に室内へ侵入することができます。新築だからと油断はせずに、シロアリ対策はしっかりと行なうと良いでしょう。

TOPボタン